昔ながらっていいな。


今日はここ数日の暖かさに比べて寒いですね。

みなさま、体調はいかがですか。

私は先日鼻と喉を崩しました…

花粉症が祟った感じでだんだんと「おやおや…まずいかも…」って感じでした。

人混みが年々苦手になってくのもあって、休日のスーパーに行ったら、

ますます「どうしよう…」って感じに陥りました。

家に帰って寝るのもアリでしたが、姪っ子も遊びに来てたから「寝るのもなぁ…」って思い

気分転換に田舎ならではの春の収穫で「ふきのとう&つくし採り」に出掛けました。

もちろんマスク装着で(笑)

つくしは見つけやすいしウヨウヨ茂っているから、ついつい沢山採りがちに(笑)

ふきのとうはもう花開いたものが多くて食べ頃なのを逆に見つけるのに一苦労。

だけどどっちも無心になるのかな(笑)

自分が子供の頃はおばあちゃんが必死に探してるのを「何が楽しいんだろう…」位の目線だったのに…

今では私が必死で笑えました!

おかげで調子が悪いのはどこ吹く風でどんどん身も心もスッキリ掃除されてく感覚でしたよ!

そして、つくしの下準備もヘタ取りにこれまた夢中になるから無心状態。

おかげでますます調子が戻って、今しか食べれない旬の食材を使って

「ふきのとうとつくしのバター炒め」を食べたあとはすっかり調子も良くなりました♪

ほんのり苦みがあって、地の恵みをいただく感覚でした(笑)

本来私は美食家ではないし、料理も適当なんですが…

珍しくこんな感覚になりました。

逆に考えるとそう感じるくらい体にダメージがあったのかも…

実は先日、仕事のためにも。自分のためにもってことで「漢方」の勉強を始めて資格を取得したのですが、

漢方って私の中では「自然や身体や心が調和する状態が心地良い」って解釈で。

真新しい話なわけではなくて昔ながらのおばあちゃんの知恵袋的な感じなんですが(笑)

昔ながらも大事にしたいなって改めて思いました。

私の中で春ならではの収穫と漢方の感覚がリンクして

「なんてことないことがイイコトいっぱい含んでるなぁ~」って改めて思える出来事でした。

最近しみじみ、「この年になって自然を愛おしく思えるようになったなぁ…」と思います。

なんて本当に年を取ってきた証拠ですね(笑)

みなさま、ステキな春をお過ごしください♪


特集記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。